2016年02月05日

『2016 MEHR』 Gabriel Lehner革のしごと

12650605_974216965989478_69711735_n.jpg

バリとトルコを行ったり来たりの伝説の(?!)陶芸家ササキハルミさんの
ご主人の息子さんの作品展です。

ドイツ在住「Gabriel Lehner」は、トルコで革を仕入れて、
ドイツに背負って帰り、アンティーク足踏ミシンを使って、
ひとつひとつ絵を描くようにバッグ、財布、ポーチなどを作っています。

色の組み合わせや、ちょっとしたところのデザインが、うーん!と唸らせるほど上手い!!と、
ササキさんもベタ褒め。
私も今からドキドキしている作品展です。

直感的なひらめきと、計算されたデザインの作品たちを、どうぞお楽しみください。

2016年2月26日(金)〜3月7日(月)
*3月1・2・3日はお休み*
11時から17時まで
posted by さかな at 12:28| Comment(0) | TrackBack(0) | さかなの企画展
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/173475193

この記事へのトラックバック